古都で既存の建物を

女性

新築にはない利点

関東の景勝地としても有名な鎌倉は、観光スポットやレジャースポットとして人気があります。また、都心からのアクセスも良好ということで移住先としても脚光を集めている街です。そんな人気のエリアなために、鎌倉は他の湘南エリアと比較しても土地や不動産価格は手が届きにくい高さとなっています。しかもノスタルジーあふれる風景を守るためにも区画整理なども実施されていないことから、新築住宅を建設するには難易度が高いエリアでもあります。それゆえに鎌倉に住みたいならば、新築住宅よりも中古一戸建て住宅の方が相応しく、中古一戸建てならではもさまざまなメリットがあります。まず中古一戸建てといえば、当然ですが新築よりも購入価格が安いという点は、なによりも魅力となります。また土地を確保する必要もなく、すでに建物が存在しているので実際に日当たりや眺望なども確認できます。そのため、建設して住んでみたら、予想と違っていたといった心配もありません。もちろん既存しているのですぐに引っ越すことも可能で、短期間で鎌倉へ住むことも出来ます。さらに長年風雨に耐えてきた建築物としての実績もありますし、たとえ少しぐらい痛みが生じていたとしても、リフォームを施せば問題なく住み続けることができます。ちなみにリフォームをすることは建物の耐久性や安全性を高めるだけでなく、自分好みの設計やデザインに変更することにもなるので、なおさらメリットがあります。このように新築住宅にはないメリットがたくさんありますが、とくに鎌倉は人気エリアで不動産競争率も激しいため、そういった意味でも新築よりは中古一戸建てが狙い目でもあります。